デザートの種類には

濃いカレー

カレーを食べた後には、シメとしてデザートが食べたくなる方が多いと言われています。
そのような方のために、ココイチでは、デリバリーサービスでもデザートを扱っています。

デザートは、季節によっても異なりますが、常時4種類扱っています。
1番人気のバニラアイスクリームは、カレーを食べた後、さっぱりしたい時に便利です。
マンゴープリンや杏仁豆腐、コーヒーゼリーもひんやり、スッキリとした味わいで話題になっています。

子ども向け商品

カレーのアップ

家族で食事を注文する時に、重要になるポイントが、子供向け商品が販売されている所です。
ジュースやデザートがついた、こども向けメニューを利用する家庭は多く、安価で購入できるため、便利だと言われています。

デリバリーサービスで有名になっている、ココイチでも子ども向けメニューを多く販売しています。
カレーだけのシンプルな商品から、ハンバーグやポテトが入った、ボリューム感のある商品まで、様々です。
最近では、ベビーカレーも販売されているため、赤ちゃんのいる家庭でも、カレーを楽しむことができます。

ライスの量を調整

エビフライ

飲食店に訪れると、ご飯の量が少なくて、食事に満足できないことがあります。
特にカレーは、人によってご飯とルーのバランスが異なるため、不満に思っている方も多いと言われています。
そのようなライスのギャップを無くすために、ココイチでは、デリバリーサービスでも、ライスの量を選べるようになっています。

ポークカレーやビーフカレーなど、カレーの種類によって、ライスの金額が異なる仕組みになっていて、300gを基準に、少なければ割引、多ければ料金アップという制度になっています。
人によっては、ライスの量が少ない方がいいという場合があるため、女性や子どもにもピッタリだと言われています。

トッピングには

牛あいがけカレー

ココイチはデリバリーサービスでも、トッピングを選べることで話題になっています。
家庭で作る多くのカレーは、野菜や肉が入ったシンプルなものですが、トッピングを加えることで、味に変化をもたらし、食事を楽しむことができます。

トッピングには、30種類以上有り、50円~460円の商品を自由に選んで組み合わせることができます。
ココイチのカレーは、ルーとご飯のみというような、シンプルなカレーが多いため、トッピングが重要になってきます。

人気のトッピングには、肉類、魚介類、野菜類、その他といったカテゴリーに分かれています。

多くの人が追加することが多いと言われる肉類には、メンチカツやチキンカツ、ハンバーグ、ロースカツといった、定番のメニューが並びます。
中には、フライドチキンや鶏つくね、豚しゃぶといった、以外なメニューがあり、新たな味わいを楽しむことができます。
季節限定のメニューも度々登場するので、チェックするのが肝心です。

カレーをまろやかにする役割を持つのは、シーフードがあげられます。
魚介類のトッピングには、イカやツナ、フィッシュフライなどがあり、カレーの風味を豊かにします。
最近では、あさりや煮込んだエビなど、変わった趣向を凝らしたメニューが増えているため、変わった雰囲気のカレーにしたいなら、これらの商品を利用する必要があります。

カレーに付け足したくなるものには、野菜類のトッピングがあげられます。
トマトやアスパラ、なす、コーン、ほうれん草といった商品は、美味しくなるだけでなく、栄養価を高くします。
マニアックなトッピングになると、オクラ山芋と呼ばれる、ネバネバコンビの商品があるので、活力を付けたいときにピッタリだと言われています。

ソース類が多い、その他の商品には、マスタードやチーズ、ガーリック、タルタルソースなど、味に直接変化をつける商品が販売されています。
スクランブルエッグやゆでたまご、半熟たまごなど、たまご系のトッピングも多く、たまご好きが満足するセレクトになっています。
単品でも美味しい、クリームコロッケやポテト、チャレンジ心を揺さぶるなっとうもあるため、オリジナリティ溢れるカレーを作ることができます。

辛さが選べる

とんかつ

誰でも、食べているだけで笑顔になれると有名なものには、ココイチがあります。
出来たてアツアツのカレーのイメージがあるココイチは、辛さが選べることで話題になっています。

デリバリーでも可能な辛さの選択には、甘口や中辛、1辛~10辛と言われる段階があります。
カレーは人によって、好みの辛さがあるため、家族用にカレーを作ると、味の調整が難しいと言われています。
ココイチなら、様々な辛さがあるため、一人ひとり辛さを選ぶことができるため、味にうるさい家族向けだと言われています。